タイルを使ったトイレリフォーム

トイレ1

トイレは生活の中で重要な役割を果たす場所と言えます。その場所を心地良い状態に保つというのは重要なことです。長年使用してきたトイレは使いにくさや見た目の劣化などが起きていることが多いため、気になる場合はリフォームを検討しても良いかもしれません。

水回りですからタイルを使うと掃除もしやすく、デザインも楽しめるでしょう。


リフォームをして使い勝手をアップ

トイレはどのような状態であってもそれほど大きな違いはないと感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、プライベートな空間であり、生活していく上で絶対に必要な設備だからこそ、心地良い状態を保つことが何より大切な場所と言えます。

家の一部だけをリフォームするという場合、まずどこから手を付けるか候補を考えるとすれば、トイレがおすすめです。規模も小さくて済みますし、リフォームがしやすいポイントとして最適です。トイレは衛生的であることが重要になってくる場所ですから、やはり綺麗な状態はキープしたいものです。

設備が新しくなれば当然綺麗な状態で使うことが出来ますし、また掃除をするときにも汚れが落ちやすく、綺麗な状態を保ちやすくなります。古い設備の場合には掃除をしても汚れの蓄積でなかなか綺麗な状態にならない事もありますので、そういった場合にはリフォームで設備自体を取り換えるということが有効な選択肢になります。

見た目だけではなく使い勝手にも大きく影響してくることになりますから、ぜひリフォームをすることを検討してみましょう。

どこまでリフォームするかという事を考える

トイレのリフォームと一口に言っても、どこまで行うかという点はそれぞれの状況で異なります。便器などを取り換えるだけで十分な場合もありますし、壁や床などをすべて新しくする場合もあるでしょう。工事の規模によってかかる時間や費用は大きく異なってきますから、まずはどこまでのリフォームが必要なのかという事を考える必要があります。

中古住宅などで新しく住み始める場合、古い設備が気になるという事であれば壁や床も含めたトイレ全体のリフォームを行うのがおすすめです。今住んでいる家で、特に壁や床には問題が無いと感じている場合は便器だけのリフォームでも十分かもしれません。

便器には問題がないけれど壁が汚れてきていたり、床にシミが出来ているという場合には張り替えをすると空間が見違えるはすです。このように、リフォームを検討し始めたら現在の状況に合わせてどこまでのリフォームを行うかということを決めていくようにしましょう。

掃除のしやすさを重視して

トイレをリフォームするときに重視したいポイントにはいくつかありますが、その中でも最も重要なのが掃除のしやすさという点です。他の部屋のリフォームと比べると、トイレは日常の中で汚れやすい場所になります。また、衛生面を重視したいところですから、掃除がしにくいと暮らしにくさにつながってしまうでしょう。

最近の便器は汚れが付きにくい加工がされているものが多いため、そういったものを選ぶと良いでしょう。掃除の手間も減らすことが出来れば、暮らしがぐっと楽になってきます。また、壁や床については素材に気を付けたいものです。

水に弱い素材の壁紙を使ってしまうと汚れが付いた時にも落とすことが出来ず、見た目や使い勝手を大きく損なってしまいます。壁紙を選ぶ場合も、水に強い素材のものを選ぶという事は大切です。汚れが心配な場合は壁紙ではなく、タイルなど水に強い素材を選ぶとさらに掃除がしやすくなるでしょう。

こういった掃除のしやすさという点からもリフォームの形を考えていくとより使いやすいトイレになります。

タイルなら水洗いもしやすく衛生的

タイルは浴室などに使われることも多い素材です。壁紙と比べて水に強いですし、丈夫ですから汚れやすいところに向いていると言えます。特に汚れやにおいが付きやすいトイレでは汚れが落としにくく、臭いを吸収しやすい壁紙を使うと衛生面で問題が出てきてしまいます。

そのため、掃除のしやすいタイルを使うという事も有効でしょう。タイルにもいろいろな種類があります。中には水洗いに向かないものもあるので注意が必要です。タイルを自分で選ぶという場合には、表面の雰囲気や特徴などをしっかり確認して選ぶようにしましょう。

トイレ用や浴室用として販売されているものなら大抵は水に強いものとなっていますから、どこで使うように作られているものなのかということを確認しておくこともおすすめです。

タイルにはデザインの楽しみも

タイルを使うリフォームを行うときには、どのようなデザインに仕上げるかを考えるのが大きな楽しみでもあります。タイル自体に素敵なデザインが施されているものもありますので、そういった物を取り入れれば手軽に雰囲気があるトイレに仕上げることが出来ます。

手書きなどで綺麗な模様が描かれているものなどは一枚でも存在感があります。シンプルなタイルの中にそういったものを配置してインパクトをつけるという事もできるでしょう。

いろいろな組み合わせを考えると迷ってしまうかもしれません。

シンプルなタイルの並べ方でも、色を変えて配置していくことによって模様を作るということが可能です。

仕上げたいイメージを考えて、それに合わせた色や配置の選び方をしてみましょう。

タイルは後から変更するということがしづらいため、初めからきちんと計画してリフォームしていくことが必要です。

お気に入りのタイルを暮らしに取り入れて

タイルを利用できるのはトイレばかりではありません。汚れやすいキッチンなどにも使われていることが多いものです。掃除がしやすいという点はこうしたところでも生かせますし、火にも強いので安心して使えます。大規模なリフォームをする際はタイルを効果的に使うと、家全体の雰囲気が統一されておしゃれな空間を演出できます。

お気に入りのタイルを暮らしの中に取り入れていく方法は様々です。ポイントとなる柄が入っているものはお部屋の飾りとして使うのも素敵ですし、さらに家具の飾りや鍋敷きなどのアイテムとしても利用することが出来ます。

また、お子さんの工作など手作りする素材としても使いやすいアイテムです。余ったタイルがあれば、こうした形で手作りの素材として生かし、役立ててみるのも良いのではないでしょうか。生活をより楽しいものとしてくれます。